• トップ /
  • インプラント治療後の歯磨き

インプラントと歯ブラシについて

インプラント治療を受けた後も、歯ブラシでのメンテナンスはとても重要です。磨き残しが多い場合には、支える骨や歯茎が痩せてしまって、最悪の場合、抜け落ちてしまうインプラント周囲炎になってしまうリスクが高くなるため、まず、歯ブラシを選ぶ注意点があります。まず、はじめの選ぶ際の注意点として、歯ブラシの持ち手は、まっすぐなデザインの方が握りやすく操作しやすいため、まっすぐなものを選びます。硬さについては、何も問題がなければ、ふつうを選び、炎症を起こしている場合は、柔らかめのものを選ぶことが大切です。硬めの物は歯茎を傷つけてしまうため、歯茎でおおわれているインプラント部が歯茎をすり減らしてしまうことで露出してしまうことがあるため注意が必要です。歯ブラシを利用していく上での注意点としては、毛先が開き始めた歯ブラシは清掃効果が減少して、磨き残しができてしまうことと、さらに、歯茎を傷つける可能性があり、長く利用することで、水分を吸い始めて、細菌が繁殖しやすくなってしまうため、一カ月に一回は交感することがおすすめです。インプラントの治療をした後の歯磨きは、長持ちさせるためにとても重要なので、しっかりと注意点を守って、毎日欠かさず行うことが大切です。

↑PAGE TOP